■11・12月の日本酒■|ウェルシーズンのスタッフによる浜松観光お役立ち情報発信メディア【ウェルマガ】|浜松・浜名湖周辺の温泉ならホテルウェルシーズン浜名湖【公式】
ウェルシーズンのスタッフによる浜松観光お役立ち情報発信メディア
2021.11.10
累計閲覧数:154
新米利酒師・舛田の「日本酒のすゝめ」

■11・12月の日本酒■

■11・12月の日本酒■

「唎酒師」の資格を持つスタッフ舛田が、

季節ごとの味百景グルメのお料理に合わせた日本酒5種6杯をご用意いたしました。

 

 ▲11・12月の日本酒(※日本酒の種類は9・10月と同様です)

左から「志太泉」「富士高砂」「花の舞<誉富士>」「上善如水」「臥龍梅」。

 

地の食材×地酒!!「花の舞<誉富士>」は

米・水・酵母すべて県内産のこだわりの純米吟醸酒です。

旨味と辛味のバランスの良いお酒が、秋の味覚とよく合います。

 

「志太泉」は、“志太”に湧く“泉”のように澄んだお酒。

清涼感と深みのある味わいで、飲み飽きしない美味しさです。

「山田錦」「コシヒカリ」「誉富士」の三種の県産米を

ブレンドした富士宮のお酒「富士高砂」

おだやかな香りと旨味の「志太泉」は白身魚と、

香りが高く、後味にキレのある「富士高砂」は赤身と

ご一緒にお召し上がり下さい。

 

バランスの良い「花の舞<誉富士>」が、温かい鍋料理と良く合います。

燗をつけるとより香りが引き立ちます。

お客様のお好みに合わせてお出しします。

 

その名の如く“水のよう”に透き通り、

クセのない「上善如水」と煮付けは相性満点です。

 

唎酒師オススメの純米大吟醸酒「臥龍梅」。

口いっぱいに上品で優しい甘さが広がります。

備前雄町特有のキレのある味わいが、

とらふぐ唐揚げに良く合います。

 

以上の日本酒がお楽しみいただける

「利酒師舛田ペアリング日本酒付<味百景グルメ>プラン」の詳細は>>こちら